豊胸手術の術後~ヒアルロン酸注入編~

今回は、豊胸手術のヒアルロン酸注入の術後について紹介しようと思います。

ヒアルロン酸注入方法とは、胸にヒアルロン酸を注入してバストアップさせるという方法です。
気軽に胸を大きくしたいという人に最適な方法ですし、すぐに実感したいという人にはいい方法ではないでしょうか。
胸の感触や動きも通常のバストとあまり変わらないようなので、自然な仕上がりになると思います。自然なので、人にバレるという心配もほとんどないようです。

そして注射での手術なので、傷痕もすごく小さく済むので傷痕の心配はいりませんし、ヒアルロン酸を注射で注入するので、約20分程度で済みます。

ですがヒアルロン酸を注入しすぎると、感触が硬くなったり、ゴツゴツすることがありますので、注入しすぎるのは良くないようです。

ヒアルロン酸は、体内に入ると徐々に分解されます。1年半ほどで溶けていきますので、胸が徐々に小さくなっていってしまいます。なので、1年半ほどずっと大きさがキープ出来る訳ではありません。

ヒアルロン酸注入方法は、誰でも手軽に出来、次の日から仕事が出来ますし、傷口も小さいいので、ほとんどわかりません。針の太さが2~3㎜程度の物を使うので、麻酔をかけてから行うのが一般的です。

激しい仕事ではなくテスクワーク程度の仕事であれば、筋肉痛程度の痛みなので、動けないほどの痛みではありませんので、次の日から仕事が出来ると思います。

ヒアルロン酸は徐々になくなってしまいますし、大きくするのにも制限があります。入れる量によっては、元々の胸の厚みによって変わりますし、厚みがない人にヒアルロン酸を多く注入してしまうと硬さが出てしまいます。逆に厚みがある人であれば、多めにヒアルロン酸を入れても硬くならないようです。

術後の痛みは、筋肉痛程度の痛みがありますが、だいたい1週間くらいで痛みがなくなるようです。
腫れは、ほとんど出ませんが、腫れが大きく出るような時は、1週間くらいで大きさが落ち着くと思います。
手術は注射でする方法なので、内出血が出ることがありますが、1週間くらいで落ち着くと思います。
傷跡は気になる程度に消えますが、早い人であれば数週間くらいかかり、遅い人であれば1~2ヶ月くらいかかるようです。そして中には、ニキビのように赤く残る人がいますが、ほとんど気にならない程度になるようです。

そしてヒアルロン酸はなくなりますから、また大きくしたい場合は、再度ヒアルロン酸注入をしたり、追加で注入したりする必要があります。ですが、何度も繰り返し注入していると、しこりが出来る確率があがってしまったり、硬さが出やすくなってしまいます。

ですので、ずっと大きさを維持したい人には、良くないかもしれません。
維持したいのであれば、脂肪注入やシリコンバッグの方が良いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸注入で起こるトラブルについて紹介します。
・心理的な負担
ヒアルロン酸を注入した後「冷たい」「胸が自然に流れない」というような異物感に悩まされる人もいるようです。

・しこりが出来る
ヒアルロン酸注入方法は、1箇所にかためて注入するのでそのことによって、しこりが出来ることがあります。
そして、しこり自体が体に何か悪い影響を起こすことはほとんどありませんが、稀に感染したり、痛みを伴うことがあるようです。
しこりは、コリコリと触れ、気になるということもあるようです。

そしてしこりが出来てしまって1番大変なのが、乳癌検診の時です。しこりが邪魔してしまうようです。ですが、病気か病気でないかはしっかり判別が付けれるようです。

しかりになった場合は、注射器で吸い出したり、溶解する注射をしたり出来るようです。体に影響がない限り放置することが多いようです。

・感染することがある
手術中や手術後に体内に入ってしまった、バイ菌がヒアルロン酸の近くで炎症を起こしてしまうことがあります。炎症を起こしてしまうと、痛みは腫れが出ますから、すぐに手術を受けたクリニックに行き、見てもらうようにしましょう。
治療方法は、抗生物質を使ったりと処置することが必要になりますし、通院しないといけませんが、治療出来ますので、安心してください。

このような、トラブルが起こる可能性がありますし、どの豊胸手術の方法にしてもメリット・デメリットがありますし、トラブルが起こる可能性もあります。
なので、手術を受けるのか受けないかを考えた時に、しっかりその面も理解したうえで考えないといけませんし、そうなるかもしれないということを覚悟して手術を受けなくてはいけません。

決して「自分は大丈夫」なんてことはありませんから、上記にことをしっかり頭に入れておきましょう。そして、なってしまったら放置するのではなく、早めに手術を受けたクリニックなどに連絡するようにしてください。出来れば、すぐに受診するのが1番だと思います。
どちらにしろ、放置するのは辞めてすぐに対処してください。